河越米は小江戸市場カネヒロで販売しています。

2015年11月22日日曜日

遺伝子組み換え食品の恐怖

おはようございます。
今日も仕事が出来る幸せ感じています。
健康で楽しく暮らせることが素晴らしいですね。

昨今では、がんになる確立が2人に一人💦
何だかおかしく思いませんか?
相当知らない間に、遺伝子組み換え食品の恐怖が忍び寄って来ているのではないですか?

遺伝子組み換え作物(トウモロコシ)をマウスに食べさせ続けると、オス、メス共に大きな問題が発生することが実験で証明された。
オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍が発生し、肝臓や消化管に異常が発生していた。
そして、メスでは2年後に50%〜80%の確率で癌が発生していた。
この実験を行ったのはフランスのカーン大学であり、フランスの専門誌に論文として発表され、フランス政府はこれを受けて保健衛生当局に調査を要請している。
さらに実験結果では、遺伝子組み換え作物を食べ続けたマウスは早死にすることが多いことも確認されている。
つまり遺伝子組み換えの食物は遺伝子に支障をきたす恐れがあるのです。さらにその作物を他の生物が食べていることもあり間接的に他の生物や私が遺伝子組み換え食物を食べていることにいます。私たちは知らないうちに、
家畜に遺伝子組み換え飼料を使用していても、その産物である食肉や卵、牛乳などには表示しなくても構いません。日本に輸入される遺伝子組み換え作物の多くがこの飼料となります。つまり間接的に接種していることになります。